東京の貸事務所の歴史について

最近は新しいビジネススタイルが出来て、新規に事業を起こしたり事業を拡大したりするときにコストを抑える目的で貸事務所を借りるという事業者も少なくはないと思われます。もちろん東京にもその物件は豊富にあるでしょう。そして今では多くの人が貸事務所という言葉を聞いているのではないでしょうか。ではその起源はどうなっているのでしょうか。それは1970年代までさかのぼります。東京の銀座や新宿などで机やロッカーを貸し出す貸机業というサービスから始まりました。1980年代に入ると大手企業が自社の地下室に机や電話やFAXやワープロなどの設備を整えて個室という形にして貸し出すようになりました。また東京の渋谷の百貨店が時間設定で個室を貸し出すというサービスを始めました。これらが現在の貸事務所のサービスに近づいた形になったようです。

東京で小規模の貸事務所を借りるには

SOHOなどの小規模の事業を始めるときにコストを抑える目的で貸事務所を借りる事業者は多いのではないでしょうか。小規模の事業で従業員の数も少なければオフィスの規模も小さなもので良いかもしれません。また事業者の多くは東京でオフィスを構えたいと考えている人も多いでしょう。特に東京都心で事業所を借りたいと考えていると小規模のオフィスを取り扱っているのかが気になるかもしれません。不動産会社の中にはSOHOなど小規模事業者向けの小規模オフィスを専門に取り扱っているところもあるようです。例えば東京都心で40坪(130平方メートル)以下の賃貸オフィスや事務所として使用可のマンション物件を取り扱っている不動産会社もあるようです。その会社のインターネットサイトではオフィスの探し方などを掲載したコンテンツもあるので参考になるかもしれません。

東京都内にある、貸事務所について

日本一の人口が集中する東京都内においては、その人口が多い分に不動産や店舗テナントなどにおいての貸事務所物権での需要が大変有り得るものといえます。つまり、もっと簡潔に言えば、人口が多い分、それだけ不動産自体の需要が大変高いということになります。このため、こうした同都内に存在する貸事務所の物権を機械的に購入して転売していけば、それなりの売買での利益があるかにも一見してみるとあるような感じがします。しかし、現実にはどうもそうはいかないようです。同じ東京都内とはいっても地価はまちまちであり、さらにその土地の上に建つ建物物権自体も条件によってはその地価の影響を受けたりすることがあります。これは建物内にあるテナント等も決して例外ではありません。また、法律的にも借地借家法上建物と土地の権限の範囲は別々とはなってはいますが、これはあくまで法的効力に関してのものであり、地価による影響は建物物権自体へも大いに及ぶものといえます。